2020年02月15日

IFステートメント~条件分岐 / VBA / Excel

ExcelのVBAで、ある条件をによって、処理を分岐させるのが"IF文(ステートメント)"です。
「もし※※だったら、処理A、そうじゃなかったら処理B」って言うやつです。
*下の方でサンプルExcelファイルがダウンロードできます。
20200215-01.jpg

If 条件式 Then条件を満たした時 / 真 true)処理A

 Else(条件を満たさない時 / 偽 false)処理B

End If

“Else 処理B” は省略することができます。
すると条件を満たさない時はEnd If でIfステートメントが終了します。

条件式で使用する演算子の種類

比較演算子
2つ値や式を比較して、結果を真(true)偽(false)で返します
演算子意味
=等しい
<>等しくない
>より大きい
>=以上
<より小さい
<=以下

論理演算子
2つの条件式を組み合わせた条件式を作り結果を真(true)偽(false)で返します
演算子意味結果
And
理論積
(且つ)
真(true)And 真(true)真(true)
真(true)And 偽(false)偽(false)
偽(false)And 真(true)偽(false)
偽(false)And 偽(false)偽(false)
Or
理論和
(または)
真(true)Or 真(true)真(true)
真(true)Or 偽(false)真(true)
偽(false)Or 真(true)真(true)
偽(false)Or 偽(false)偽(false)
Xor
排他理論和
(どちらか1つだけ真のとき真)
真(true)Xor 真(true)偽(false)
真(true)Xor 偽(false)真(true)
偽(false)Xor 真(true)真(true)
偽(false)Xor 偽(false)偽(false)
Not理論否定Not 真(true)偽(false)
Not 偽(false)真(true)

使用例
1)セルの値が30以上だったら隣のセルに"合格"、じゃなかったら"追試"と表示する

Sub macro1()
'もしセルA2が30以下なら
If Cells(2, 1) >= 30 Then
'セルB2に“合格”と表示
Cells(2, 2) = "合格"
'そうでなかったら、
Else
'セルB2に“追試”と表示
Cells(2, 2) = "追試"
End If
End Sub

20200216-01.JPG


2)Elseの省略、セルの値が30以上だったら隣のセルに"合格"と表示する

Sub macro2()
'もしセルA2が30以下なら
If Cells(2, 1) >= 30 Then
'セルB2に“合格”と表示
Cells(2, 2) = "合格"
End If
End Sub

20200216-02.JPG


3)論理演算子"And"の使用例
  算数のセルの値が30以上、且つ、国語のセルの値が30以上、だったら、隣のセルに"合格"と表示する

Sub macro3()
'もしセルA5が30以上 かつ セルB5が30以上 ならば
If Cells(5, 1) >= 30 And Cells(5, 2) >= 30 Then
'セルC5に合格と表示
Cells(5, 3) = "合格"
End If
End Sub

20200216-03.JPG

 サンプルExcelファイル:if文.zip




最近のマキタって電動工具だけにとどまらず、充電池をベースにした様々な機器のバリエーションを増やしてて面白いですよ。





ラベル:if
posted by haku1569 at 18:54| Excel VBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。