2019年10月30日

Debug.Printの便利な使い方 / Excel / VBA

マクロ作って入る時に変数にちゃんと値が格納されているかとか、いちいち確認したくなる時ってありますよね。そんな時は Debug.Print を使いましょう!
VBAをコーディングしているコードウィンドウの下のイミディエイトウィンドウに表示させることができてとても便利です。

例えば、ワークシートのあるセルに入力した値を、変数に格納しそれを Debug.Printを使ってイミディエイトウィンドウに表示させてみます。

サンプルコード

Sub macro1()

'変数a
Dim a

'aにセルA1の値を格納
a = Cells(1, 1).Value

'イミディエイトウィンドウに「a=」で変数aを表示
Debug.Print "a=" & a

End Sub


こんな感じです。
20191030_02.JPG

ここで、ワークシートのセルA1に"4"を入力します。
20191030_03.JPG

で、マクロを実行させると
イミディエイトウィンドウに“a=4”と表示されました
20191030_01.JPG

サンプルExcelファイル)debugprint.zip



前のページ:
次のページ:

関連ページ
Excel VBA メニュー
VBAを使えるようにしてみました!



 最近はradikoとか、インターネットでラジオ番組を聞けるようになったけど、ギガとか、バッテリーとか、気にせずに使いたいならやっぱリアルラジオでしょ!?






ラベル:Debug.Print
posted by haku1569 at 20:22| Excel VBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。