2019年10月06日

繰り返し処理の試作(For〜Next) / Excel / VBA

今回は繰り返し処理のマクロを試作してみます。
繰り返し処理と言うのは、ある処理を設定した回数だけ繰り返して行うことです。
今回の試作は、セルに1を表示させるのを下方向に30回繰り返して30個のセルに次から次へ1を入力させてみます。
こんな感じに
WS000001.JPG

繰り返し処理
通常変数を組み合わせて
For i = 1 To 30
変数iを使用したマクロ
Next i

という使いかたをします。
変数iに1から30を代入します。
まず、i=1にしたマクロを実行させてからNext iでi=2にしたマクロを実行しi=30まで続けます。

コーディング
Sub Macro1()

'マクロを実行するシートを選択
Worksheets("Sheet1").Select

'iを変数に設定
Dim i

'iが1から30まで繰り返す
For i = 1 To 30

'A列i行目のセルに1を入力
Cells(i, 1) = 1

'次のiを実行
Next i


End Sub



こんな感じです。
WS000000.JPG

マクロの実行結果
マクロを実行するとこうなります。
WS000001.JPG
サンプルExcelファイル:20191006_繰返し処理.zip


この繰り返し処理は処理の流れの「7. 4〜6を繰り返し」で使います。

多くのマクロの使用目的は同じ処理を何回も繰り返すのが面倒だからマクロで自動化するって言うのが多いのでこのFor〜Nextはとても使用頻度の高いVBAです。



前のページ:シートを印刷させてみた
次のページ:最終行を取得する試作

関連ページ
Excel VBA メニュー
VBAを使えるようにしてみました!
実例1 一覧表から帳票を自動で印刷させる


さて、貴方はこの電卓を使いこなすことができますか!?
まるで、挑戦状を叩きつけられているようだ!




posted by haku1569 at 16:09| Excel VBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。