2015年03月29日

PERMUT関数で順列の数を求めてみた/Excel/統計関数

Excelの関数で順列(Partial Permutation)の数を求めます。
PERMUT関数を使用します。パーミュテーションと読みます。

順列と言うのはn個からr個を取って順番に並べる総数のことで、何通りの並べ方があるかという数です。ちなみに並び順を無視した場合は"組合せ"になります。
20150329-10.jpg

では、10枚のカードから所定の枚数のカードを抜き取って並べた時の順列を求めてみましょう。
20150329_11.JPG

「数式」、「その他の関数」、「統計」から「PERMUT」を選択します。
20150329_12.JPG

標本数:ここでは"カードの数"を入力したセルを指定します。
抜取り数:"並べる枚数"を指定したセルを指定します。
20150329_13.JPG

こんな式が入力されました。
20150329_14.JPG

全てにセルにコピーするとこんなふうになりました。
10枚のカードの並べ方は何と!3,628,800通りもありますよ。
20150329_15.JPG

暇つぶしに、10枚のトランプを並べてみたら面白いかも!?

関連ページ
COMBIN関数で組合せ(抜取り)の数を求めてみた
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)
エラー値について(#VALUE!、#DIV/0!、#NAME?、#N/A、#REF!、#NUM!、#NULL!とか)


posted by haku1569 at 19:21| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。