2014年08月24日

ISBLANK関数で空白セルかどうか調べてみた/Excel/情報関数

Excelの関数でセルが空白(ブランク)かどうか調べてみます。
ISBLANK関数を使用します。

“IS”から始まる関数は“IS関数”と呼ばれています。
これは、対象のセルを調べて“TRUE”か“FALSE”を表示します。
20140823_00_ISBLANK.jpg

こんな、表があって、データが未入力の空白セルがあります。
20140824_01.JPG

「数式」「その他の関数「情報」から「ISBLANK」を選択します。
20140824_02.JPG

テストの対象:空白かどうかを調べるセルを指定します。
20140824_03.JPG

こんな式が入力されました。
20140824_04.JPG

全てにセルにコピーするとこんなふうになりました。
20140824_05.JPG

空白セルは“TRUE”と表示されています。

んで、“IF関数”と組み合わせて、“TRUE”だったら“空白セルです”と表示させ、そうでない時は空白を表示させてみると、、
20140824_06.JPG

こんな感じになりました。
20140824_07.JPG


それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、あらかじめ関数が分かっている場合は式を入力するセルに直接“=ISBLANK()”と入力します。
“=I”と入力すると推定機能が働いて“I”で始まる関数が表示されるのでそこ から選択することができます。


関連ページ
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)
エラー値について(#VALUE!、#DIV/0!、#NAME?、#N/A、#REF!、#NUM!、#NULL!とか)


posted by haku1569 at 17:04| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。