2015年08月01日

Shift + Home で選択範囲を行の先頭まで拡張してみた / ショートカット / Excel

Shift + Home で選択範囲を行の先頭(A列)まで拡張させてみます。

あるセルが選択されています。
20150801_01.JPG

そこで、
Shift + Home(ノートPCの場合は、Shift + Fn + Home)
を押します。
すると、行の先頭(A列)まで選択範囲が拡張されました。
20150801_02.JPG


関連ページ
ショートカット一覧


posted by haku1569 at 16:24| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

F8キーで選択範囲を拡張してみた / ショートカット / Excel

F8キーで選択範囲を自由に拡張させてみます。
20150726_100.jpg

F8キーを押します。
20150726_13.JPG

すると、左下に「選択範囲の拡張」とメッセージが表示されます。
20150726_11.JPG

すると、最初に選択してあったセルを起点にして選択したセルの範囲が選択範囲になります。
20150726_12.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 17:09| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

Ctrl + A でワークシート全体を選択範囲にしてみた / ショートカット / Excel

Ctrl + A でワークシート全体またはテーブル(または配列)全体を選択範囲にしてみます。
20150720_00.jpg

何も入力されていないセルにカーソルが置いてある時、、
20150720_02.JPG

Ctrl + A を押します。
20150720_01.JPG

と、ワークシート全体が選択範囲になりました。
20150720_03.JPG

次に、データがいくつか入力されているセルにカーソールが置いてある時、、
20150720_04.JPG

Ctrl + A を押します。
20150720_01.JPG

すると、データ群をテーブル(または配列)とみなしてその範囲が選択されました。
20150720_05.JPG



関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 19:24| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

Shift + Backspace で選択範囲を解除してみた / ショートカット / Excel

Shift + Backspace でセルの選択範囲を解除してみます。
20150712_100.jpg

列全体が選択されています。
20150712_03.JPG

Shift + Backspace を押します。
20150712_101.JPG

と、列の選択範囲が解除され元々カーソルが置かれた状態に戻りました。
20150712_02.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 23:45| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shift + Space で選択範囲を行全体に広げてみた / ショートカット / Excel

Shift + Space でセルの選択範囲を行全体に広げてみます。
20150719_00.jpg

セルが選択されています。
20150719_02.JPG

Shift + Space を押します。
20150719_01.JPG

と、選択範囲が行全体に広がりました。
20150719_03.JPG

因みに、この選択範囲を解除するには Shift + Backspace を押します。


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 19:53| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

Ctrl+Shift+$ 表示形式を通貨にする/ショートカット/Excel

Ctrl+Shift+$ でセルの表示形式を通貨にできます。

20150704_00.png

表示形式を通貨にしたいセルを選択して、
20150704_02.JPG

Ctrl + Shift + $ を押します。
20150704_01.JPG

と、円(\)表示になりました。
20150704_03.JPG

さて、この解除は?
解除と言うのは特になくて、今度は表示形式を「標準」に設定させることになります。


関連ページ
ショートカット一覧
ラベル:Ctrl+Shift+$ 通貨
posted by haku1569 at 22:22| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

Ctrl+Shift+9で範囲内の非表示の行を再表示、Ctrl+9で非表示にしてみた/ショートカット/Excel

Ctrl+Shift+9で範囲内の非表示の行の再表示、Ctrl+9で非表示にしてみます。

20150704_03.jpg

6行から9行までが非表示になっています。
その範囲を選択しておきます。
20150621_12.JPG

ここで、Ctrl+Shift+9
20150621_11.JPG

すると、再表示されました。
20150621_13.JPG

ここで、Ctrl+9
20150621_15.JPG

で、今度は非表示になりました。
20150621_14.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
ラベル:Ctrl
posted by haku1569 at 17:28| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ctrl+F1 リボンの表示・非表示 /ショートカット/Excel

Ctrl+F1 でリボンの表示・非表示を切り替えられます。


20150704_01.jpg

WS000072.JPG

20150621_01.JPG


WS000072.JPG

20150621_02.JPG



関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 14:28| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートカットキー 一覧 / ショートカット / Excel

全般
直前の操作を繰り返す F4

表示・非表示
リボンの表示・非表示 Ctrl+F1
選択範囲の非表示行の再表示  Ctrl+Shift+)
選択範囲の行の非表示  Ctrl+)

ウィンドウ操作
分割されているウィンドウの移動 F6

セルの移動
編集中のセルに戻してみた Ctrl + BackSpace

選択範囲の操作
選択範囲を列全体にする Ctrl+Space
選択範囲を行全体にする Shift+Space
ワークシート全体を選択範囲にする Ctrl+A
選択範囲を解除する Shift+Backspace
式で参照しているセルを選択する Ctrl+]
選択範囲を拡張する F8
選択範囲を行の先頭(A列)まで拡張させる Shift + Home
選択範囲を列の先頭(1行)まで拡張させる Shift + PageUp
選択範囲をワークシートの先頭(A1)まで拡張させる Ctrl + Shift + Home
表示されているセル(可視セル)だけを選択範囲にする Alt + ;
データが入力されている範囲の右下のセルまで選択範囲にする End + Shift + Home

書式の設定
セルの書式設定ウィンドウを表示する Ctrl+1
表示形式を通貨にする Ctrl+Shift+$
表示形式を標準に戻す Ctrl+Shft+~

入力
現在(今日)の日付を入力する Ctrl + ;(セミコロン)

メニューコマンド
印刷ウィンドウを表示する Ctrl+P
posted by haku1569 at 13:58| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。