2016年06月05日

Ctrl + BackSpace で編集中のセルに戻してみた / ショートカット / Excel

Ctrl + BackSpace で編集中のセルに戻してみます。
20160605_000.jpg

例えば1934行目の"温泉レストラン"の商品名"特製和風醤油"をクリックして編集しています。
20160605_01.JPG

で、過去の"温泉レストラン"のデータを画面をスクロールして70行目当たりのデータを確認しました。
20160605_02.JPG

さて、ここでさっきの編集中のセルに戻るために、
Ctrl + BackSpace を押します。
20160605_001.JPG

と、さっきのクリックしたセルに戻る事ができました。
20160605_03.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 21:27| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

Ctrl+1 書式設定ウィンドウを表示してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、Ctrl+1でセルの書式設定ウィンドウを表示させてみます。
20151213_00.jpg

マウスの右クリでも書式設定ウィンドウを表示できますが、ショートカットキーでもっと簡単に表示させることが出来ます。

例えば、こんな風に範囲選択します。
20151213_02.JPG

そこで、Ctrl+1を押します。
20151213_01.JPG

すると、この様にセルの書式設定ウィンドウが表示されます。
20151213_03.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 14:47| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

Ctrl+P 印刷ウィンドウを表示してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、Ctrl+Pで印刷ウィンドウを表示させてみます。
20151123_00.jpg

メニューからではなくショートカットで簡単に印刷ウィンドウを表示させて印刷を実行させることが出来ます。ここからプレビューも表示できます。

Excelのシート上で、Ctrl+Pを押します。
20151123_01.JPG

すると、この様に印刷ウィンドウが表示されます。
左下のボタンから「印刷プレビュー」を表示させることもできます。
20151123_02.JPG



関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 16:36| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

F6 で分割されているウィンドウを移動してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、F6キーで分割されているウィンドウを移動してみます。
20151012_00.jpg

大きなワークシートの場合、行方向、列方向にウィンドウを分割し必要な部分を1画面に表示させることがありますが、いちいちマウスでセルを選択し直さなくてもくても、F6キーだけでシート内を移動させることが出来ます。

この様に4分割されたシートがあります。
20151012_01.JPG

左上のウィンドウのセルが選択されている時にF6を押すと、、
マウスカーソルの形が"+"から"←"に変わります(?)。
20151012_02.JPG

更にF6を押すと、Altキーを押した時と同じようにメニューにショートカットキーが表示されます。
20151012_03.JPG

次にF6キーを押すと、右上のウィンドウに移動します。
20151012_04.JPG

次にF6キーを押すと、右下のウィンドウに移動します。
20151012_05.JPG

次にF6キーを押すと、左下のウィンドウに移動します。
20151012_06.JPG

次にF6キーを押すと、左上のウィンドウに移動します。
20151012_07.JPG

ここで、F6キーを押してウィンドウを移動した時の選択されるセルは、直前に選択されていた(作業をしていた)セルになります。



関連ページ
ショートカット一覧
ラベル:F6
posted by haku1569 at 00:03| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月04日

F4 で直前の操作を繰り返してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、F4キーで直前に行った操作を繰り返してみます。
20151004_00.jpg

例えばある範囲に罫線を引くような複雑な書式設定もF4キー一発で繰り返すことが出来ます。

ある範囲に、外枠を太線、内側を普通の太さで罫線を設定します。
20151004_02.JPG

次に、同じ罫線を引きたい範囲を選択します。
20151004_03.JPG

そこで、F4 を押します。
20151004_01.JPG

すると、選択した範囲も外枠は太線、内側は普通の太さの罫線が引けました。
20151004_04.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 18:30| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月03日

Ctrl + ; で現在(今日)の日付を入力してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、Ctrl + ; で現在の日付を入力してみます。
20151003_100.jpg

現在(今日)の日付を入力するにはいちいち数字を入力しなければなりません。あるいは、日付関数"NOW関数"または"TODAY関数"を使用する方法もありますが、これらの関数はファイルを更新する度に更新日に書き変わってしまいます。
このショートカットを使用すると、仮に今日の日付が分からなくてもセルに数値で現在(今日)の日付を入力できます。

日付を入力するセルを選択します。
20151003_102.JPG

ここで、
Ctrl + ;(セミコロン)を押します。
20151003_101.JPG

すると、選択したセルに数値で現在(今日)の日付が入力されました。
20151003_103.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 22:49| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

End + Shift + Home でデータが入力されている範囲の右下のセルまで範囲選択してみた / ショートカット / Excel

End + Shift + Home でワークシートのデータが入力されている範囲の右下のセルまでを選択範囲にしてみます。

つまり、データのが入力されている最後のセルまでを選択範囲にできるので、何行ものデータが入力されていて画面上で最後のセルが見えていない場合でも、画面をスクロールして最後のセルを探しに行かなくても一発で範囲を選択することができます。

こんなデータが入力されているセルの範囲があります。
カーソルは先頭の左上(B3)に置かれています。
20151003_01.JPG

ここで、
End + Shift + Home
ノートPCの場合は
Fn + End + Shift + Home
を押します。

すると、データが入力されている最後の右下のセル(F11)まで範囲選択できました。
20151003_02.JPG

例えば、この様にデータが飛んでいても全てのデータを含む右下のセルまで選択されます。
20151003_03.JPG

3行目から100行目まで入力されいてるデータの最初の左上のセルを選択します。
20151003_04.JPG

ここで、End + Shift + Home を押すと。。
100行目の左下のセルが表示されている最後のセルの画面に移動します。
20151003_05.JPG


関連ページ


ショートカット一覧

posted by haku1569 at 21:37| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

Alt + ; で表示されているセル(可視セル)だけを選択範囲にしてみた / ショートカット / Excel

Alt + ; で表示されているセルだけを選択範囲にしてみます。
メニューから選択する「可視セルの選択」のショートカットです。

これ、前も書いたけどフィルタをかけてデータを抽出している状態で、コピー&ペースト等の編集作業をしていると、ついうっかりして抽出されていない(非表示)のセルにまでコピーした値を間違って貼り付けてしまう場合があります。非表示なので、間違いにも気付きにくいのです。
なので、このショートカットは貼り付けの時は必須です!フィルターをかけていない時でも無意識に使えるようにしましょう!!
「Alt」キーはキーボードの右側にも配置されているので、右手でマウスを持っていても左手のお母さん指で「Alt」キー、お兄さん指で「;」キーを押せるのでとっても便利ですよ!
20150926_01.jpg

5行から7行、9行から11行、11行から15行が非表示になっている状態で"10"をコピーします。
次に8、9行目のセルを選択します。
20150926_03.JPG

ここで、Alt + ; を押します。
20150926_02.JPG

と、選択範囲が「Ctrl」キーを押しながら1つずつ選択した状態と同じような表示に変わります。
20150926_04.JPG

ここで、貼り付けをします。
20150926_05.JPG

すると、選択したセルに"10"が貼りつきました。
20150926_06.JPG

で、非表示にしていた行を再表示してみると。。。?
非表示のセルには貼り付いていません!
見えていたセル(可視セル)だけに値の貼り付けができました。
20150926_07.JPG

とても便利なこのショートカットですが、残念なことにオートフィルでのコピー&ペーストには使えません。
このショートカットは、@一旦範囲選択をする。→Aその選択範囲の中の可視セルだけを選択する。というAの操作工程のになるため、オートフィルのドラッグ&ドロップでコピー&ペーストが同時に行われる場合、選択範囲から可視セルを選択するという操作行程が存在しないためこのショートカットが使用できません。。



関連ページ
表示されているセルだけにコピー(貼り付け)してみた(可視セルの選択)
オートフィルで連続データが入力できない!?
抽出したセルに連続数を入力してみた(可視化セルにオートフィルをかける)
ラベル:可視セル alt ;
posted by haku1569 at 21:46| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

Ctrl + Shift + Home で選択範囲をワークシートの先頭まで拡張してみた / ショートカット / Excel

Ctrl + Shift + Home で選択範囲をワークシートの先頭(A1)まで拡張させてみます。

あるセルが選択されています。
20150801_01.JPG

そこで、
Ctrl + Shift + Home(ノートPCの場合は、Ctrl + Shift + Fn + Home)
を押します。
すると、ワークシートの先頭(A1)まで選択範囲が拡張されました。
20150801_04.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 16:35| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shift + PageUp で選択範囲を列の先頭まで拡張してみた / ショートカット / Excel

Shift + PageUp で選択範囲を列の先頭(1行)まで拡張させてみます。

あるセルが選択されています。
20150801_01.JPG

そこで、
Shift + PageUp(ノートPCの場合は、Shift + Fn + PgUp)
を押します。
すると、列の先頭(1行)まで選択範囲が拡張されました。
20150801_03.JPG


関連ページ
ショートカット一覧
posted by haku1569 at 16:27| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする