2015年10月18日

F6 で分割されているウィンドウを移動してみた / ショートカット / Excel

Excelのショートカット、F6キーで分割されているウィンドウを移動してみます。
20151012_00.jpg

大きなワークシートの場合、行方向、列方向にウィンドウを分割し必要な部分を1画面に表示させることがありますが、いちいちマウスでセルを選択し直さなくてもくても、F6キーだけでシート内を移動させることが出来ます。

この様に4分割されたシートがあります。
20151012_01.JPG

左上のウィンドウのセルが選択されている時にF6を押すと、、
マウスカーソルの形が"+"から"←"に変わります(?)。
20151012_02.JPG

更にF6を押すと、Altキーを押した時と同じようにメニューにショートカットキーが表示されます。
20151012_03.JPG

次にF6キーを押すと、右上のウィンドウに移動します。
20151012_04.JPG

次にF6キーを押すと、右下のウィンドウに移動します。
20151012_05.JPG

次にF6キーを押すと、左下のウィンドウに移動します。
20151012_06.JPG

次にF6キーを押すと、左上のウィンドウに移動します。
20151012_07.JPG

ここで、F6キーを押してウィンドウを移動した時の選択されるセルは、直前に選択されていた(作業をしていた)セルになります。



関連ページ
ショートカット一覧


ラベル:F6
posted by haku1569 at 00:03| Excelショートカット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。