2015年04月26日

複数のシートからピボットテーブルを作ってみたら使い勝手が悪かった /Excel/ピボットテーブル

Excelのピボットテーブルで複数のシートをデータソースにして集計してみます。
20150426_00.jpg

例えばこんな毎月行っている氏名ごとの国語と数学の試験結果の表があります。これが、シート毎に1月、2月、3月のシートに分かれています。
各シートの表は全く同じで、点数だけが異なっています。
20150426_01.JPG

ピボットテーブルウィザードをメニューに登録
この3つのシートからピボットテーブルを作ります。
作るには通常のピボットテーブルの様にメニューの「挿入」からは出来ません。
「ピボットテーブルウィザード」を起動しなければならないのですが、メニューのリボンにはありませんので、まずメニューに登録することろから始めなくてはなりません。
「クイックアクセスツールバー」の「▼」をクリックして「その他のコマンド」を選択します。
20150426_02.JPG

「Excelのオプション」画面が開きます。
「コマンドの選択」で"リボンにないコマンド"を選択し「ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード」を選択し「追加」します。
20150426_03.JPG

すると、右側に「ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード」が追加されました。
20150426_04.JPG

例1
さて、元に戻ると、クイックアクセスツールバーに追加したアイコンが表示されています。さっそくクリックします。
20150426_05.JPG

「ピボットテーブル/ピボットグラフウィザード」がひらきます。
「複数のワークシート範囲」をクリックします。
20150426_06.JPG

次の画面で、ページフィールドの作成方法を「自動」にします。
20150426_07.JPG

次の画面で、統合するワークシートの範囲指定をしていきます。
まず、"1月"のシートで、表の範囲を選択し「追加」を押します。
すると、下の"範囲一覧"に1月の範囲が入力されました。
20150426_08.JPG

そのまま、2月のシートの表も選択して、「追加」します。
20150426_09.JPG

同じように3月も追加し、「次へ」を押します。
20150426_10.JPG

次の画面で、ピボットテーブルの作成先を指定します。
ここでは、"新規のワークシート"を選択します。
20150426_11.JPG

すると、こんなピボットテーブルができました。
元のデータソースと同じスタイルで、得点が3カ月の合計になっています。
但し、フィールドリストはデータソースのフィールド名ではなく、
"行"、"列"、"値"、"ページ1"となっています。
20150426_13.JPG

"行"のアイテムは"氏名"が表示されています。
20150426_14.JPG

"列"はデータソースのフィールド名
20150426_15.JPG

"ページ1"は"アイテム1〜3"とありますが、内容は3つのシートのことです。
20150426_16.JPG

ここで、"列"を行ラベルに、"ページ1"を列ラベルに持っていくと、、
20150426_17.JPG

こんなピボットテーブルになります。
20150426_18.JPG
このサンプルを見ると、なるほど3つのシートが統合されたピボットテーブルが出来たと納得なのですが。。。

例2
こんな、"氏名"の左側に"学生番号"のフィールドがあるデータソースだとどうなるかというと。。。
20150426_19.JPG

こんなんなっちゃいました。
20150426_20.JPG

"氏名"が"数学"や"国語"の得点と同じ扱いになってしまってます。
20150426_21.JPG

例3
今までの例はデータソースが既にクロス集計になっていましたが、本来のデータソースはこうでなくてはなりません。
20150426_22.JPG

だけど、これで統合してしまうと、、
こんなんなっちゃいました。。。(*_*;
20150426_23.JPG

"国語"と"数学"はフィールドに現れてきません。
20150426_24.JPG

"得点"の中に埋もれてました。。。
20150426_25.JPG

まとめ
つまり、まとめると。。。
複数のシートを統合したピボットテーブルでは、、、
データソースの一番左側のフィールドが1つの"行"というフィールドになり、それ以外は全て"列"というフィールドになってしまいます。
なので、、、例1のようなデータソースの場合はいいのですが、例2や例3のようなデータソースの場合は、期待するようなピボットテーブルはできません。
そこんところ良く理解して使わないといけないですね。
っていうか、、あまり使い勝手はよくありません。

やっぱ、データソースは1つに集約されていないとピボットテーブルの威力は発揮できないですね。

関連ページ

最近、CDより高音質と言われる"ハイレゾ"音源が流行ってるけど、サンプリングとか決まっているデジタルよりも結局アナログの方が高音質になりえるんじゃないかと思う今日この頃。。。だったらいっそ真空管アンプなんかを自作してみようかな?と思ったりします。。。




posted by haku1569 at 18:44| Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。