2015年03月15日

パーセント点(パーセンタイル)についてまとめてみた/データ分析の解説

パーセント点(パーセンタイル/Percentile)と言うのは、データを最小値から最大値まで順に並べた時、全体(100%)の指定した割合(%)の順位の値のことです。
四分位点の第1四分位点が25パーセント点、第2四分位点(中央値)が50パーセント点、第3四分位点が75パーセント点になります。
つまり、qパーセント点=q/100分位点ということです。
なので、四分位点より自由な位置(割合)での評価ができます。
20150315_01.jpg

正規分布の場合?
って、この○○分位点による評価は外れ値等がある正規分布ではない場合に有効な評価方法なので、正規分布の場合って言うのは場違いなのだけど、分かりやすく説明する為にあえて言うと。。。
いわゆる、2σの範囲に全体のデータの95.4%が含まれると言うことは、
95.4+(4.6/2)=97.7パーセント点の値は平均値+2σということになります。。。
詳しくは正規分の解説をご覧ください。。

また、"1-qパーセント点"を"上側qパーセント点"といいます。
つまり、97.7パーセント点は上側2.3パーセント点ともいいます。
Excelでは"NORMINV関数"で求めることが出来ます。

バックナンバー
1.平均値と代表値(特性値)
2.中央値についてまとめてみた(平均値と何がちがう?)
3.四分位点、四分位範囲、四分位偏差についてまとめてみた

関連ページ
統計分析の基本中の基本、度数分布表についてまとめてみた
数値データの分布をみるヒストグラムについてまとめてみた
正規分布について
中央値を求めるMEDIAN関数
データ分析の解説/メニュー


posted by haku1569 at 21:28| データ分析の解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。