2014年09月28日

RANK関数で順位を求めてみた/Excel/統計関数

Excelの関数で数値の順位を求めます。
RANK関数を使用します。

こんな、営業マン毎の受注金額データがあります。
この金額の順位を求めみます。下位からの順位も求められます(^_^;)
20140925_01.JPG

「数式」「その他の関数」「統計」から「RANK」を選択します。
20140925_02.JPG

数値:順位を求める数値かセルを指定します
参照:順位を求める全体の範囲を指定します
   ここでは、全てのセルに式をコピーするので、
   この範囲は“$”マークを付けて絶対参照にしておきます。
順序:空白か“0”の場合は値の大きい方からの順位
   それ以外の数値の指定すると値の小さい方からの順位
20140925_03.JPG

セルの中の式はこのようになります。
20140925_04.JPG

これをコピーするとこうなりました。
田中君がナンバー1ですね。
20140925_05.JPG

次に、“順序”に“1”を指定して値の小さい方からの順位、下位からの順位を求めてみます。
20140925_06.JPG

すると、、山本君がワースト1というのが一目瞭然に。。。(T T)
20140925_07.JPG

単に順位を見るだけなら、値を“昇順”、“降順”で並び替えれば済む話ですが、“氏名”を並べ変えたくないような場合や、順位を数値で表示させたい場合はこの関数が便利ですね。。

んでここで、“LARGE関数”と“SMALL”関数を使うと、指定した順位の値を取り出すことが出来ます。
LARGE関数”で上位から3番目の順位の値を求めます。
20140928_01.JPG

SMALL関数”で下位から3番目の順位の値を求めます。
20140928_02.JPG

と、“RANK関数”で順位付けした上位、下位3位の値が取り出されました。。
20140928_03.JPG

それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、あらかじめ関数が分かっている場合は式を入力するセルに直接“=RANK()”と入力します。
“=R”と入力すると推定機能が働いて“R”で始まる関数が表示されるのでそこから選択することができます。

関連ページ
LARGE関数で上位から指定した順番目の値を求める
SMALL関数で下位から指定した順番目の値を求める
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)


posted by haku1569 at 11:39| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。