2014年08月03日

レポートフィルタで特定のアイテムのデータを抽出してみた/Excel/ピボットテーブル

Excelのピボットテーブルでレポートフィルタでラベルに指定していないフィールドの特定のアイテムでデータの抽出をしてみます。
データの抽出にはラベルに設定したフィールドでフィルタをかける方法もありますが、ワンポイントのアイテムでデータを抽出する場合は、レポートフィルタを使うのが便利ですよ。
20140803_00_レポートフィルタイラスト.jpg

まず、こんな受注データの集計があります。
“得意先名”と“金額”だけのピボットテーブルになっています。
20140803_21.JPG

フィールドリストのレポートフィルタに“受注日”をドラッグします。
20140803_22.JPG

すると、集計表の上に“受注日”と表示されたレポートフィルタが追加されました。
“(すべて)”のフィルターボタンをクリックして、抽出したい受注日を選択します。ここでは“2014/8/3”を選択してみます。
20140803_23.JPG

すると、“2014/8/3”だけのデータ(酒蔵でんしかなかったんですね)が集計されました。
20140803_24.JPG

この、レポートフィルタは複数のアイテムを選択することもできます。
フィルタボタンをクリックして「複数のアイテムを選択」にチェックを入れます。
するとフィルタのアイテム全てにチェックボックスが表示されました。
ここで、8月の受注日に全てチェックを入れます。
20140803_25.JPG

すると、8月のデータが抽出されました。
20140803_26.JPG

また、レポートフィルタには複数のフィールドを設定することもできます。
“在籍支社”をレポートフィルタにドラッグします。
20140803_27.JPG

在籍支社のフィルタから“大阪支社”を選択してみます
20140803_28.JPG

すると、“8月”の“大阪支社”のデータが抽出集計されました。次は「行ラベル」のリス
20140803_29.JPG

関連ページ
ラベルにフィルタをかける
値にフィルタをかける
日付にフィルタをかける


posted by haku1569 at 17:22| Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。