2014年06月07日

角度(°)からラジアンを求めてみた/Excel/関数

Excelの関数で単位が“度(°)”の角度からラジアン(弧度)を求めてみます。
RADIANS関数を使用します。

ラジアン(rad / radian)は弧度と言い、円弧の長さと円の半径の比で表わされます。
なので、単位は無次元になり角度に半径を掛けると円弧の長さが求められるため、特に数学においては、“度(°)”を用いるより一般的に使用されます。
Excelの三角関数でも角度は全てラジアンを用います。
01_ラジアン_三角関数_Excel.jpg

では、早速“度(°)”の角度からラジアンを求めてみましょう。
20140603-01.JPG

「数式」「数学/三角」から「RADIANS」を選択します。
20140603-02.JPG

角度:“度(°)”単位の角度または角度が入力されているセルを指定します
20140603-03.JPG

「OK」でラジアンが求められました。
20140603-04.JPG

関数を用いずに計算でも求めてみましょう。
ラジアン=PI()x角度/180で求められます。
20140603-05.JPG

と、関数で求めた結果と一致しました。あたりまえ〜。。。
20140603-06.JPG

それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、関数名が分かっている場合はセルに直接“=RADIANS()”と入力します。
“=R”と入力すると推定機能が働いて“R”で始まる関数が表示されるのでそこから選択することができます。

関連ページ
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)


posted by haku1569 at 17:28| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。