2014年05月25日

PRODUCT関数で(掛け算の)積を求めてみた/Excel/関数

Excelの関数で掛け算の積を求めます。
PRODUCT関数を使用します。

PRODUCTとは掛け算の積のことをいいます。掛け算は数学用語で“乗法(multiplication)”といいます。
例えば“5x2=10”の場合、“5”を被乗数(multiplicand)、“2”を乗数(multiplier)、結果の“10”を積(product)といいます。
PRODUCT関数は指定した複数の値の積を求めます。足し算のSUM関数の掛け算版みたいな感じです。。

式で描くとこういうことになります。
20140525-p31.jpg

では、使用例です。
商品毎の受注データがあって、標準価格に対し商品区分別に仕切り率があり、飲料についてはキャンペーン特価の仕切り率が設定してあります。そして、受注数量があります。
この商品毎の受注金額をPRODUCT関数を使ってもとめましょう。
20140525-31.JPG

「数式」「数学/三角」から「PRODUCT」を選択します。
20140525-32.JPG

数値:掛け算をする数値範囲を指定します
20140525-33.JPG

「OK」で金額が求められました。
20140525-34.JPG

これを他のレコードのコピーすると受注金額が求められました。
20140525-35.JPG

それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、あらかじめ関数が分かっている場合は式を

入力するセルに直接“=PRODUCT()”と入力します。
“=P”と入力すると推定機能が働いて“P”で始まる関数が表示されるのでそこから選択することができます。

関連ページ
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)


posted by haku1569 at 23:58| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。