2014年05月18日

SEARCH関数で文字列に含まれる文字の位置を求めてみた/Excel/関数

Excelの関数で文字列に含まれる文字の位置(左から何番目か)を求めます。
SEARCH関数を使用します。

文字列“イルカランド”に含まれる“ランド”の位置を求めてみましょう。
20140518-21.JPG

「数式」「文字列操作関数」から「SEARCH」を選択します。
20140518-22.JPG

検索文字列:検索する文字または文字列が入っているセルを指定します
対象:検索対象の文字列または文字列が入っているセルを指定します
開始位置:検索文字が2か所に含まれている場合、最初の位置を飛ばすため開始位置を指定した数字(文字数)分右にずらします。開始位置がずれても結果の数字は対象の文字列の先頭からになります。
ここでは、指定しません
20140518-23.JPG

「OK」で“イルカランド”に含まれる“ランド”の文字位置(左から)の数が求められました。
20140518-24.JPG

それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、あらかじめ関数が分かっている場合は式を入力するセルに直接“=SEARCH()”と入力します。
“=S”と入力すると推定機能が働いて“S”で始まる関数が表示されるのでそこから選択することができます。

関連ページ
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)


posted by haku1569 at 15:06| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。