2014年05月11日

STDEV関数で標準偏差を求めてみた/Excel/関数

Excelの関数でサンプルデータ(標本)から推定する母集団の標準偏差を求めます。
STDEV関数を使用します。
標準偏差についてはこちらの解説ページをごらんくださいませ。

まず、こんな製品の検査データのテーブル(表)があります。
データの標準偏差を求めてみましょう。
20140511-11.JPG

「数式」「その他の関数」「統計」から「STDEV」を選択します。
20140511-12.JPG

数値1:標準偏差を求めるデータ範囲
数値の入力は255箇所まで指定できますが、この場合は1か所の範囲でOKです。
20140511-13.JPG

「OK」で標準偏差が求められました。
20140511-14.JPG

それから、ここでは説明のために「数式」の「関数ライブラリ」から関数を選択しましたが、あらかじめ関数が分かっている場合は式を入力するセルに直接“=STDEV()”と入力します。
“=S”と入力すると推定機能が働いて“S”で始まる関数が表示されるのでそこから選択することができます。

関連ページ
分散と標準偏差について
関数一覧(カテゴリ別)
関数一覧(名前別)


posted by haku1569 at 15:59| Excel関数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。