2014年04月20日

クロス集計表を簡単に作成する/Excel/ピボットテーブル

クロス集計と言うとなんだか難しそうですが、どちらかと言うと普通にエクセルで何か集計してまとめの表を手作りする時ってクロス集計をしているんじゃないかと思います。Access等のデータベースを使い慣れていない人にとってピボットテーブルでデータ集計を行うためのデータを作るほうが作り辛いのではないでしょうか?
で、クロス集計と言うのは行と列に項目があるマトリックス表の様なものです。

では、受注金額を得意先と売れた商品でクロス集計表をピボットテーブルで作ってみましょう。
フィールドリストを表示させて行ラベルに「得意先名」、列ラベルに「商品名」、値に「金額」を持ってきます。
20140420-31.JPG

すると、このように、どこに(得意先名)と何が(商品毎)のどのくらい(金額)のクロス集計表が出来ました。最終行、最終列にはその合計も集計されます。
20140420-32.JPG

もちろんフィールドリストで、今度は「商品名」を行ラベルに、「得意先名」を列ラベルに変えてやれば、商品毎に何処に売れているかの集計にアッと言う間に変更できる。
ワークシートだったら、「形式を選択して貼付け」で「行列を入れ替える」とかで編集しなければならないのがこんなにも簡単にできてしまう。これが、ピボットテーブルの優れた所だと思う。。。

関連ページ
データの作り方
クロス集計で構成比を求める


posted by haku1569 at 14:52| Comment(0) | Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。