2014年04月05日

新しい集計フィールドを追加する/Excel/ピボットテーブル

Excel のピボットテーブルで、既存のフィールドを使って計算した結果を新しい集計フィールドとしてフィールドリストに追加することが出来ます。

例えば、問屋さんの出荷データのピボットテーブルがあって、このフィールドから粗利の集計を行ってみたいと思います。
因みに、粗利=売上−原価 で計算します。
01.jpg

まずカーソルをピボットテーブルの中に置いて、メニューのピボットテーブルツールの“オプション”から“数式”、”集計フィールド”を選択します。
02.jpg

すると、“集計フィールドの挿入”ウィンドウが開きます。
03.jpg

名前に「粗利」と入力して、数式の=の後にまず、“フィールド”で“売上”を選択し“フィールドの挿入”を押し、「-」を入力して、“フィールド”で“原価”を選択し“フィールドの挿入”をします。
04.jpg

すると、粗利のフィールドが作成されました。
05.jpg

数式に入力できるのはExcelで設定されている演算子(“+”、“-”、“*”、“/”等)と関数の一部も使用することができます。
また、新しく作る集計フィールドは「Σ値」専用のフィールドになります。行ラベル、列ラベルには使用できません。

さて、次は関数を使って新しい集計フィールドと追加してみましょう。

応用編
日毎の作業時間(経過時間)を集計してみた



posted by haku1569 at 19:01| Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。