2014年04月19日

値の書式を設定する(値フィールドの設定)/Excel/ピボットテーブル

Excelのピボットテーブルでフィールドのセルの書式を設定してみましょう。

こんな集計表があります。
“金額”の値の書式を通貨(\マーク付き)に変更してみます。
20140419_01.jpg

フィールドリストの値の「金額」を左クリックするとメニューが表示されます。
(右クリではなく左クリックです)
20140418_11.JPG

そこから、「値フィールドの設定」をクリックし「値フィールドの設定画面」を表示させます。
20140418_12.JPG

左下の「表示形式の設定」ボタンを押します。
すると、Excelでお馴染の「セルの書式設定」画面が表示されます。
20140418_13.JPG

ここで「通貨」から表示を設定したら、「OK」で戻っていきます。
すると、値の書式が変更されました。
20140418_14.JPG

さて次は、値に“単価”と“金額”の2つのフィールドが設定してあって、2つのフィールドの書式をセルの範囲を選択して一括で変更してみましょう。


関連ページ


posted by haku1569 at 16:45| Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。