2009年10月25日

値にフィルタをかける(抽出)/Excel/ピボットテーブル

値フィルタを使ってピボットテーブルの値を抽出します。
注)Excel2007でラベルフィルタを使用する場合はファイルがExcel2007のファイル(xlsx)でないと使用できません。
2003のファイル(xls)では、使用できません(ラベルフィルタのアイコンがアクティブになりません)のでご注意ください。

仕入先毎に受注金額を集計したピボットテーブルで受注金額が50万円から100万円の間のデータを抽出してみましょう。
行ラベルの隣の矢印のアイコンをクリックします。
2014_0413-20.JPG

ドロップダウンリストの「値フィルタ」から「指定の範囲内」を選択します。
この一覧から様々な抽出条件を設定できます。
2014_0413-21.JPG

「値フィルタ」の画面で「“500000” と "1000000" の間」と入力し「OK」します。
すると、受注金額が50万円から100万円の間のレコードが抽出されました。
2014_0413-22.JPG

行ラベルからではなく、各アイテムからもフィルタをかけられます。
任意の仕入先の上にセルを置いて、右クリします。
「フィルタ」から「値フィルタ」を選択します。
2014_0413-23.JPG

あとは、「値フィルタ」の画面が開きラベルによる方法と同じです。

ちなみに、値フィルタで選択できるフィルタの種類は
@指定の値に等しい
A指定の値に等しくない
B指定の値より大きい
C指定の値以上
D指定の値より小さい
E指定の値以下
F指定の範囲内
G指定の範囲外
Hトップテン
の9種類です。

次は、日付にフィルタをかけてみましょう。
日付もラベルになるのですが、ラベルに日付が設定されると日付独特のフィルタが選択可能になります。

関連ページ
ラベルにフィルタをかける
日付にフィルタをかける
フィルタを解除する
レポートフィルタで特定のアイテムのデータを抽出してみた


posted by haku1569 at 19:48| Excel ピボットテーブル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。